• ホーム
  • 女性も注意!しつこい水虫の症状とは

女性も注意!しつこい水虫の症状とは

水虫に悩まされているという人は決して少なくはありません。
水虫と言うと何となく男性にばかり多い病気のようにも思われますが、実は水虫で苦しんでいるのは女性の方が多いです。

水虫はカビの一種である白癬菌が感染することによって引き起されますが、この白癬菌が増殖する条件というのが高温多湿の環境です。
冬に女性が好んで履くブーツの中は、まさに高温多湿であることに他なりません。
家族の中に水虫に罹っている人がいるという女性は特に注意が必要です。
一度水虫に感染してしまったら、冬のブーツという蒸れた環境の下で白癬菌は増殖し、治るまでに時間がかかるだけでなく、自分が新たな感染源となってしまわないとも限りません。

また、水虫は良く知られているような足の指の間だけにできるというわけではありません。
水虫の種類によっては痒みを伴う小さな水泡ができたり、爪にできるというものもあります。
爪白癬とも呼ばれるこの爪水虫は、手足に感染した白癬菌が増殖し、爪の間に侵入することで爪そのものが白癬菌に感染した状態になってしまいます。
爪水虫に罹ると、爪が厚くなり黄色味を帯びた色となります。
そしてひどくなると爪がボロボロになってしまいます。

女性の場合は、自分は水虫なんかとはまったく無縁だと思っていたのに、ペディキュアや爪の手入れをしようとして爪の色の違いや厚さに気がつき、そこで初めて水虫に罹っていることがわかったという例も少なくはありません。
爪水虫を放っておくと、他の人に感染させてしまうだけでなく爪が厚くなってくることで、靴が履きにくくなったり筋肉や骨が圧迫されて歩くのに困難をきたすということさえあります。

自分の爪に異変が見られるようでしたら、爪水虫を疑いましょう。
そして不幸にも爪水虫に罹ってしまっていたら、すぐに治療を始めるようにしましょう。
水虫は中途半端に治療をやめると再発する可能性が高いので、再発を防ぐためにも徹底した治療を行うことをおすすめします。

爪水虫にはラミシール錠がいい!

爪水虫の治療に効果があると言われているのがラミシ-ルです。
ラミシ-ルに含まれているテルビナフィン塩酸塩という成分が白癬菌の真菌を破壊するのに大変効果的な力を発揮するということが知られています。
このラミシ-ルには、直接患部に塗る塗り薬タイプのものと錠剤になっているものがあります。
塗り薬タイプのものは、薬局で市販されているので手に入れやすいのですが、効果的なのはラミシール錠と呼ばれる錠剤タイプのものです。
そしてラミシール錠は薬局などで誰もが購入できる薬ではなく、病院で処方箋を書いてもらう必要があるということを覚えておきましょう。

女性ならば水虫なんて恥ずかしいからできるならば病院に行きたくない、市販の薬で治したいと思うのは当然かもしれませんが再発率が50パ-セントともいわれているのが水虫です。
きちんと自分に合った治療法を行わなければ、せっかく治ったかと思っても何度も再発する可能性があります。

また、ラミシ-ル錠は通販で海外から個人輸入することも可能ですが、副作用等についてはすべて自己責任となるため気をつけなければなりません。
きちんとした治療を受けるのならば、是非一度病院に行ってしっかりと説明を聞き、自分に合った治療を根気よく続けることをおすすめします。

水虫は、まずは罹らないように注意することが肝心です。
家族に感染者がいたらスリッパやバスマットは共有しないなどの防衛対策をとりましょう。
そして足の裏はいつも清潔に乾燥させておくことが重要なポイントです。
女性の冬のブーツは暖かで快適かもしれませんが、職場などではできるだけ替えのサンダルを履くなどして、1日中履きっぱなしという状況は避けるようにしましょう。
そして帰宅後にブ-ツを脱いだ後はしっかり乾かし、足も1日に1回は必ず洗ってタオルで完全に水気を拭き取るということを習慣づけましょう。